任意整理の弁護士費用は、1社あたり32,400円。任意整理相談.comは、インターネット申し込み任意整理相談専門サイトです。

任意整理相談.com 弁護士が人生のリセットをお手伝いします
新着情報
2012.02.01
価格改定のお知らせ
2011.12.21
債務整理・過払い請求に関する初回法律相談料無料化のお知らせ
2011.04.18
ゴールデンウィーク中の業務について
2011.04.05
東日本大震災の被害に対する支援について
2011.03.14
東北地方太平洋沖地震の影響による当事務所の業務について
任意整理相談.comとは?

(1) 任意整理とは?

任意整理とは、弁護士が、相談者(依頼者)の代理人となって貸金業者と私的に和解交渉を行い、成立した和解の内容にしたがって、減額支払いをしていく方法です。

弁護士は、損害金や将来利息をつけない長期分割払いの弁済案などを提案し、毎月の支払額の減額を実現します。

貸金業者から取引経過が開示されると、弁護士はその取引経過をもとに利息制限法による引き直し計算をします。引き直し計算により、法律上有効な残債務額が確定します。

相談者(依頼者)の債務総額が確定された段階で、改めて依頼者が法律上有効な債務元本総額の支払いが可能かどうかを検討し、支払いが困難な場合には自己破産等の法的整理を検討します。 概ね3年程度で支払い可能であれば、弁護士が各債権者に対して、最終取引日時点の法律上有効な債務元本以上の遅延損害金、将来利息を付けない長期分割弁済の和解案などを提示し、各債権者と交渉をします。 この際、より有利な和解が可能な場合にはできる限り依頼者に有利な内容での和解を試みます。

弁護士は、債権者との交渉が成立した場合には、和解契約書を作成し、依頼者は、その和解契約書にしたがい弁済を行います。依頼者が、その和解契約に従い債務を完済することによって、任意整理の目的は達成されます。

(2) 任意整理の特徴

任意整理では、毎月の支払額が減額できるように交渉を行い、和解契約を成立させますが、これには次のような特徴があります。

<任意整理の特徴>
弁護士による任意整理の特徴

» 利息制限法については利息制限法についてページをご覧ください。

» 将来利息の免除については、任意整理が可能な場合ページをご覧ください。

(3) 任意整理と法的整理(自己破産・個人再生)との比較

法的整理(自己破産・個人再生)の場合には、裁判所の決定により、法律上債務の全部または一部の免除がなされるため、利息制限法により引き直しした債務元本よりもさらに大幅な債務のカットをすることができます。

これに対して、任意整理は、利息制限法により引き直しした債務元本を基準として債権者との交渉により毎月の支払額を減額させるものであり、利息制限法により引き直しした債務元本よりもさらに大幅な債務のカットをすることは困難です。 もっとも任意整理の場合には、価値のある財産を保有していても必ずしも処分する必要はないため、債務整理の中でも柔軟に処理を行うことができます。

(4) 任意整理相談.comにおける任意整理の特徴

私たちは、過去に数多くの債務整理のお手伝いをし、お客様の債務を解決してきました。任意整理相談.comが、皆様の一助になればと思い運営しています。

納得できる法律相談

納得した上で適切に任意整理手続を進めるには、法律相談に通常1時間は必要です。日比谷ステーション法律事務所では、弁護士が親身になって充実した法律相談を行っています。

低価格な弁護士費用

日比谷ステーション法律事務所では、任意整理を成功しやすくするため、弁護士費用を1社あたり32,400円と非常に低額に設定しております。減額成功報酬や和解時の成功報酬はありません。しかも弁護士費用の分割払いなど無理のない支払方法が選択できますので、安心してご依頼いただけます。

» 債務整理の詳細はコチラ
» 任意整理の詳細はコチラ
» 自己破産(破産・免責事項手続)の詳細はコチラ
» 個人再生の詳細はコチラ
» 過払い請求の詳細はコチラ

弁護士による任意整理
過払い金返還.comトップページ過払い請求とは過払い金返還請求
アコムの過払い請求アイフルの過払い請求プロミスの過払い請求武富士の過払い請求レイクの過払い請求
株主訴訟 | 株主訴訟 オリンパス
▲ Page Top